おしゃれな調理家電

1~20/112商品

1°C単位で温度調整ができるタイマー機能付きドリップケトル

21,600円

40°Cから100°Cまで、1°C単位をダイヤルで簡単に温度設定が可能。設定温度到達後は自動で最長30分間の保温モードに切り替わります。ハンドドリップ時間を計測できるカウントアップタイマー機能も搭載しています。手に負担がかかりにくい重心のバランスの取れた形状とやわらかくて持ちやすく、熱くなりにくいハンドルとフタのつまみにより、注ぎやすさも抜群。コーヒーの他、温度調整が繊細な玉露などにもお使いいただけます。【バイヤーおすすめコメント】人気のキッチンブランドから登場したキッチン家電のドリップケトル。見た目はスタイリッシュでしたが、果たして実際使用感はどんなものか、、、と思っていました。これが使いだすと、本当に便利で、サンプルを借りている間ずっとこればかり使っていました。1°C単位で指定して沸かすことができるので、淹れたい飲み物に合わせてお湯を沸かすことができます。さらに微妙な温度のまま、保温もできるがら便利。注ぎやすい形状やハンドルなど、細かいところまで気が利いています。キッチンに置いておいて、あえて見せたいようなデザインにもテンションがあがります!

38段階から粗さを選べるバリスタブレイン スケール付グラインダー

32,400円

均一なサイズに挽けるコニカルバー(刃)式グラインダーと過熱を防ぐ高トルク/低速仕様(400rpm)により、風味を逃さずおいしく豆が挽くことができます。抽出方法にあわせて38段階から粗さを選択でき、挽く量は、カップ、グラム、マニュアルモードからお好みで設定できます。豆を詰め替える際にもホッパー内の豆がこぼれ落ちないトラップドア付きです。【バイヤーおすすめコメント】キッチンブランドのOXO(オクソー)から登場した、キッチン家電のスケール付きグラインダー。3万円と高価格なので、「豆を挽くのに3万円か、、、」と、取り扱うか迷っていました。試しにサンプルを使用したところ、本当に使いやすくて便利。豆を挽く香りを楽しめるのはもちろん、粉の粗さを細かく調整できるので、お好みの粗さで挽くことができます。豆から挽くのは憧れるけど、ミルからは大変だし、時間もかかる、、、と思っていた方には本当におすすめです。ボタン一つで、正確な量を挽けるので重宝するはず。さらに、豆ホッパーは大容量なので、まとめて挽くこともできます。私がおすすめしたいのは、細かく挽いて、ティラミスなどのお菓子に使用すること。仕上がりが格段に変わります!高額なので迷われると思いますが、自信を持っておすすめできる一品です。挽きたてのコーヒーを味わう贅沢な時間を、ぜひ!